documentary

セルゲイ・ロズニツァ 自由裁量の王国

ロズニツァの『アウステルリッツ』(2016年)でもっとも驚かされるのは、被写体への関与の徹底した欠如だ。この映画には被写体と向きあうという契機がほとんど存在しない。撮影する側が被写体のふるまいや存在の仕方に影響を与え、撮影されることで被写体が変化するというようなプロセスが存在しないのと同様に、被写体の側から撮影する側に向かって何らかの力が反作用することもない。撮影する監督と被写体となる人々のあいだ …

Read moreセルゲイ・ロズニツァ 自由裁量の王国